大木 剛(2006年入局)
趣味:キャンプ / 出身地: 福岡県福岡市
日高 満美(2018年入局)
趣味:読書、テニス / 出身地:福岡県古賀市

内分泌代謝内科を選んだ理由は?

  • 大木糖尿病の診療に、急性期疾患とはまた違ったやりがいを感じ、自分にあっていると感じたのが選んだ理由です。
  • 日高研修医で内分泌代謝内科を回り、負荷試験が面白いと思ったことがきっかけです。下垂体機能は低下しているものの、原発性副腎機能亢進症が合併しており、バランスが取れているので現時点での加療は見送り、密に経過フォローという症例があり、負荷試験の解釈は大切だと思いました。軽度の内分泌疾患では不定愁訴と括られそうな症例もあり、その原因を見逃したくないと思ったのも理由のひとつです。

関連病院で働く特徴はありますか?

  • 大木「関連病院」とひとまとめにできない特徴がそれぞれの病院にあります。その地域住民の構成や、病院の機能・どのような診療科が揃っているか…などで、内分泌代謝内科に求められることや、実際の仕事内容は大きく変わってきます。
  • 日高当大学にも紹介でき、診療所への逆紹介も可能な関連病院ですが、ここでの治療を継続する必要がある患者さんは、積極的な治療の必要性があり、その治療には療養指導も大きな比重を占める方が多いように思います。

大学病院とは違った、少人数制の良いところは?

  • 大木糖尿病診療に関しては、圧倒的に多くの患者を経験することになるので、それが一番良いところだと思います。また、他職種、他科の医師と直接やり取りをする機会が多いのも勉強になります。
  • 日高研修医期間、3年目を大学病院で過ごし、4年目の今年が初めての市中病院での勤務です。大学と違い、病棟では主治医をし、基本的に毎日外来に出ています。自分の判断で動くことが多くなり、緊張感があります。一方で、大木先生は常に隣の診察室にいらっしゃるので、私があわあわしていたら、声をかけて下さったり、迷う症例があったら、すぐに相談に行けたりと、上の先生との距離感が近く、非常に勉強になります。

大学との連携はいかがでしょうか

  • 大木自科の疾患での紹介のときだけでなく、併存する疾患に関して大学病院に紹介となるとき、自家の疾患に関して安心して大学の内分泌代謝内科に併診を依頼できます。
  • 日高関連病院での勤務が始まって1か月程度であり、まだ連携を実感する機会はないですが、大学病院との物理的な距離も近く、関連病院でできる検査と大学でのみ可能な検査が明確なので、ここまでして分からなかったら大学に紹介しよう、ここまで検査したら大学でお願いしようと考えることができると思います。

お互いに対して一言お願いします。

  • 大木臨床に関しては、大学に負けないように頑張っています。また、大学から若い先生が安心して飛び込んで来ることができる環境であるように、これからも働きやすい環境を作っていきますので、派遣が決まったときには安心してお越しください(笑)
  • 日高大木先生はエビデンスを大切に診療される先生です。ご指導してくださる時も根拠を必ずおっしゃられるので、ストンと納得できます。また糖尿病治療において、患者さんが治療を達成できるプロセス作りを大切にされます。それは私が実践するには経験が圧倒的に不足しており、大木先生の具体的な患者さんへのアドバイスを聞きながら見様見真似で頑張っているところです。少しでも公立八女総合病院での内分泌代謝内科の診療に役に立てるように頑張ります。今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。