卒後3年目 3 Year or later

(後期研修1年目)

原則として久留米大学病院において研修を行い、内科専門研修カリキュラムに基づいて内科専門医に求められる知識・技能の習得を目指します。主に内分泌代謝内科での研修を行いますが、必要に応じて他の内科診療科のローテーションを行うことも可能です。

卒後4~5年目 4〜5 Year or later

(後期研修2~3年目)

内科専門研修カリキュラムに定める70疾患群、計200症例の経験を目標に久留米大学病院および連携施設で研修を行います。また、内科専門医に必要な症例がほぼ揃っている場合はSubspecialty領域として糖尿病専門医、内分泌代謝科専門医などの専門医研修を行うことも可能です。

卒後6年目以降 6 Year or later

内科専門研修を修了した後にSubspecialty領域として糖尿病専門医、内分泌代謝科専門医などの専門医研修を行います。久留米大学病院もしくは教育関連施設での診療に従事する他、研修医の指導も担当します。クリニカルクラークシップの教育にも参加します。また、積極的に臨床研究を行い、国内外の学会での発表や論文発表を行います。

大学院 Graduate school

大学院入学希望者も歓迎します。初期臨床研修および後期研修中の入学も可能です。大学院在学中でも専門医資格を取得することも可能です。