about us

医局のご紹介

HOME > 医局代表よりご挨拶

greeeting

医局代表のご挨拶

良医を育む久留米大学内分泌代謝内科の伝統を引き継いで

 2017年7月1日付で久留米大学医学部内科学講座 内分泌代謝内科部門 主任教授を拝命致しました野村政壽でございます。これまで多くの良き臨床医を県内外に輩出し、内分泌代謝領域の基礎研究ならびに臨床研究で卓越した業績を挙げ、国内外で高く評価されてきた伝統ある名門教室を引き継がせて頂くこととなり、その重責に身が引き締まる思いでいます。

 久留米大学医学部内科学講座・内分泌代謝内科部門は、1985年に初代 野中共平教授により開講され、第2代 牧田善二教授、第3代 山田研太郎教授へ引き継がれ、日本屈指の内分泌代謝学講座として発展してきました。第4代教授を担当させて戴く私の使命は、この久留米大学に流れる良き伝統を継承し、私がこれまでに培ってきた教育、臨床、研究を融合・発展させ、未来への架け橋となることと考えています。関連施設の先生方との地域医療連携、学術交流、人的交流を大切にし、社会や地域のニーズに応えることが出来るよう専心努力する所存です。

無限の可能性をもつ若者が集い、それぞれの夢を語り合える、活気に溢れた教室を目指します。そして次世代を切り拓く先進医療と、質の高い医学教育を提供し、久留米筑後地区から独創性のある臨床研究ならびに基礎研究を展開し、地域医療はもとより、地域創生にも貢献して参りたいと思います。どうぞ末永く御指導のほど宜しくお願い申し上げます。

主任教授 野村 政壽